訓言C3A05:濡れた路面は先ず後ブレーキ

中級 前へ       次へ

指導

 濡れた路面でバンクしている時にブレーキが必要になったら、まずリアブレーキ、フロントを使う時は、直立している時と同じようなブレーキの使い方をしないように

感想

高速で旋回する大きなRのカーブの途中で、右90度の急旋回する場所でのブレーキ操作について質問した答

濡れた路面では、まずリアブレーキを使う、どうしてもリアブレーキで足りなったらフロントを使うけれども、じんわりと緩やかに、グリップ感を確認しつつ制動するようにしなさい、という意味だと思いました。

グリップ感も、どのくらいで滑りだすのかも、よくわからないので、リアで頑張れる範囲にしておこうかな、とも思いました。