訓言C4704:小さく回るために速度を作る

中級 前へ       次へ

指導

スピード落とし過ぎるとバイク倒せなくなって曲がれません。

車体が立ったままハンドルロックさせるまで切って旋回するとこれ以上小さく回れません(実演)。

でも、車体倒すと、もっと小さく回れます(実演)。

車体倒してもバイクが倒れないだけの速度が無いと、車体倒せないので、小さく回れません。
しっかり速度作ってください。

感想

目からウロコでした。

バイクの最小回転半径としてカタログにのっている数字は、車体立てた時の数字なんですよね。
最小回転半径2.7mのCB1300が道幅5mもない道路でUターンできるのは、バンクするからでした。
イントラさんは、バンクしながら半径1.5m、直径3mくらいの円旋回をしてました。

バンクして車体が倒れる力と遠心力が拮抗してバイクは倒れずに旋回しているので、
速度が落ちていると、遠心力(=質量×速度の2乗÷半径)が小さくなり、
遠心力が小さくなるとバンク角も浅くなり、
バンク浅くなると旋回半径が大きくなり回りきれない、
というこことだろうと思います。