訓言C4L09:前荷重と後荷重をうまく切替えて使う

中級 前へ       次へ

指導

前荷重と、後ろ荷重には長所も短所もあります。
前荷重だと

  • ブレーキかけた時フロントが沈み、しっかりグリップします。
  • 期待した以上のグリップでコントロールが難しくなってしまう傾向もあります。
  • 思ったより車体が倒れていくので、狙ったラインが取れないことも。

後ろに重心があると

  • 面で倒れていきます。重いエンジンが前、エンジンの次に重いライダーが、前後に別れてしまうので、面で倒れます。
  • 面で倒れると、もっさりした動きになります。
  • 加速の時は、リアがグリップしているので、グーンと前に出ていきます。

外から見てわからないように、前荷重と後荷重を、うまく切り替えて使ってください。
初級とかでは、目にみえるように姿勢変化させて切り替えていましたが、大きなアクションをせずにに切替てみてください。
背中を曲げて尾てい骨でシートを押すだけで後ろに荷重が行きますし、ニーグリップや腹筋で頑張ってみてください。

感想

前乗り」vs「後ろ乗り」ではなく、長所短所を理解して、使い分けていきなさい。という意味だと理解しました。

前荷重と、後ろ荷重で2周づつ走行練習した後の説明でした。
常に頭をタンクキャプの上に置いたままの前荷重のままで2周、タンクの後ろ端の上に頭を置いた後ろ荷重の姿勢を崩さず2周で走りました。

前荷重だと、後輪が浮いているような感じでグリップ感が無く不安でした。
後ろ荷重だと、グリップ感満点で、後ろ荷重が良い!と思ったところで、この説明でした。
前か後ろかの二者択一ではなく、使い分けが大切だというのは、目からウロコでした。