訓言C5Q06:早すぎるイン付きNG

中級 前へ       次へ
指導
曲がってから回ってます。
パイロン過ぎてから裏で旋回しています。
進入する時パイロンに近づきすぎているから、 裏で回ることになっちゃってます。
裏で回ってるので、狭いから旋回もすごく鋭角になってるし、次のパイロン近くなって、旋回しながらアクセルあけることが多くなっちゃてるんだよね。
旋回中にあけるので、フロントが(左右に)ギクッ、ギクッと動いちゃてます。
特に、前に負荷かけてグリップ増すとその傾向が強くなります。
だんだん、パイロンに近づいていっちゃてます。
感想
オフセットパイロンスラロームでのアドバイス。
パイロンは、コーナーの出口であって、入り口ではありません。という意味だと理解しました。
前にも「イン付きが早いです」と言われたこと思い出しました。速く走ろうとすればするほど、ラインがパイロンに寄っていく悪癖は、克服したつもりでいましたが、治ってなかったようです。
以前より小さい旋回ができるようになったので、パイロンが近くなってきたのではなく、裏で無理やり小回りしてただけのようです。猛省。