訓言C8411:腕の曲がりでチェック

コースラ8の字 前へ       次へ

指導

入り口の所をターゲットにして(旋回を開始して)後が続かなくなるのはこういうことです(デモ:旋回途中で加速して膨らむ)。

今のやり方ではなくて、外の腕を伸ばして、ひと押ししてやると、楽しくて充実感いっぱいに乗れますよ。

ちゃんと出来ているかのセルフチェックは腕です。
旋回していてクリップあたりで外腕が伸び始めて、内側の肘が曲がっていると成功です。

こういう上半身の動きを作れるように下半身とか、肩とかをコントロールして作っていくことが必要になってきます。

感想

アクセル開ける余地のない狭い所でアクセルを開けて破綻しないように、
ハンドル切って失速回避できるようになりなさい、
上手くできたかは、腕の曲がりでセルフチェックして確認できますよ、
という意味だと思いました。