訓言CC201:ライン、タイミング、姿勢.

パイロンスペシャル 前へ       次へ

指導

パイロンスラロームをやっていると、いろんな課題が出てくると思います。

その時は、きょうやった基本に戻って走りを見直してください。

・パイロンとパイロンの中間を通るラインを取る

・パイロンとパイロンを結ぶ線上で加速し、パイロン横で減速する

・腕の曲げ伸ばして、フロントの浮き沈みを吸収できるよう姿勢を低くしておいて 頭を上下させない

これが基本です。

感想

一日のまとめとして、終礼でのアドバイスでした

パイスラで、悩みや壁にぶつかったときは、ライン、タイミング、姿勢の3つに着目して、出口を見つけようと思いました。