雑記‎ > ‎

ホンダのバイク - 最近の傾向

CB1300の排気管が接地 - スポーツ走行は重視しない

今のモデルは、車体下側の排気管形状が変更になっています。
旧モデルは、センターにギュッと集約されていましたが、
新モデルは、集約がゆるやかだ左右に幅があります。

その結果、深くバンクすると、ステップより先に排気管が地面を擦ります。

CB1300 の削れた排気管

街中では、フロント沈めて深くバンクするような旋回はしないので、
市街地走行なら問題ないと思います。
しかし、クローズドでスポーティな走りをする場合には問題です。

排気管が接地する件でホンダに電話した人もいるそうですが、
「そういうことは無いと思いますが、「どういう走り方だと、そうなりますか。」
と言われ、「ブレーキで大きく制動しながら小さくUターンとかすると」
と答えたら「そういう走り方は、通常ではありえませんよね・・・」と言われ
「もういいです」となったようです。

CB1300の低速トルクがマイルドに - 乗りやすさ重視

今のモデルでは、アクセルをちょっと開けただけで飛び出すようなトルクは無いようです。

乗りやすさを重視した設定だとおもいます。

CB1100は頻繁な給油が必須 - ツーリングより街乗り

CB1100は燃費が実質10kmから15㎞くらいのようです。
タンクの容量は15リットル程度なので、100㎞程度走ると給油です。

街乗りは問題ないとおもいますが、ツーリング行くと
他のバイクと給油頻度が、あいません。

あるオーナーさんは、「CB1100は、いつも、ガソリン! ガソリン!とウルサイバイクだ」と言っていました。
ガソリンスタンドの場所や、営業時間、営業日が気になるし、
GSみかけるたびに、とりあえず給油する感じでかな。

NC700xはCB750よりマイルド

NC700xは、ラフなアクセル操作をしても、飛び出すようなことはありません。
乗りやすさを重視した設定だとおもいます。

CB750と比べるとスポーティさが無くなってつまらないという声も聞きます。

Comments