BBJ 中級.

参加者 9名 転倒:1名
走行距離: 1日総計 52.0km AM 22.5km PM 29.5km
ガソリン: 4.9L 燃費:10.6km/L
天候:
イントラさん Mr.KJ Mr.AO

AM

コースレイアウトBBJam 長く緩いカーブが数か所ある。そこはON-OFFのアクセルではなく、スムースに開け閉めする練習用とのこと。
イントラさんは、左上のコーナーや、中央縦の部分を切り返さないでアクセル開けたままで走ってみるといい練習になると言っていました。 中央部拡大
右の図は、イントラさんの説明を図にしたものです。切り返すか、一気にいくかのコース取りの違い説明です。
直パイが2か所あるのも特徴

PM1

コースレイアウトBBJpm1 長く緩いS字やカーブがあるのが特徴。午前中に引き続き、アクセルワークの練習用とのこと。中央下のS字は70mくらい、右上のカーブ50mくらいブレーキなしで走れます。どちらもガバッとアクセル開けて、フルスロットにしちゃうとアクセル戻さざるを得ません。アクセル戻さず開け続けたまま維持するにはスムースで微妙な操作が必須です。ガバッと開けて速度上がったら戻すON/OFF操作ではなく、「開けたら途中で閉じないように」がアクセル練習のキーです。
上側中央のV字のような部分は、コーン毎に切り返さず一気に抜けるコース取りに気づくかどうかで視界の広さがわかる部分だそうです。
中央下のS字終点(左端)から右折して上に行く部分も、左側のコーンに反応して切り返さず一気に上まで上がっていけるレイアウトに気づくかどうかで視界がわかるそうです。1つ1つのコーンに反応して旋回するのではなく、最適なコースを見つける目が必要というレッスンでした。

PM2

 
コースレイアウトBBJpm2
午前のコースラよりテクニカルなレベルはあがってますが、考えなくていいコースですとイントラさんが言っていました。
外周左上コーナと3本のパイロンでつながる中央左寄り上部の円のようなカーブから側は、カーブの先から外周左上コーナーまでの50mくらいを延々と左旋回です。
ハングオフ気味に腰落としながら雨の路面を一気に回り、3本のパイロンも減速せず直線的に切り返しつつ抜けて外周も左旋回を続ける感じです。普段桶スポ走ってるCB1300の人の後をついていって、アクセル開けたまま一気に抜けるコース見つけました。早い人の後をついていくと、勉強になります。スリップダウンしないかどうか度胸だめしみたな感じで速度上げて走りました。
速度上げて突っ込んでいくと、左下の直パイ部分も楽になったように感じました。
転倒したのは、一番左の左カーブ出口です。

転倒:1名

転倒したのは自分です。
午後最後の周回の最後の左ターンの出口でスリップダウン。
左側に倒れて腰打ちました。痛みだけで痣はなし。自分がどうなったのか記憶がありません。
雨で路面がビショビショでしたが、他のコーナーではもっとスピード出して旋回してもスリップしていませんでした。
違いは、リーンインしていたかどうか、ブレーキ緩めた直後の加速だったかどうかです。
リーンアウト気味に車体を倒し過ぎたのかもしれません。
出口でアクセル開けた時、後輪がリバウンドしてグリップなかったのかもしれません。

<<前へ       次へ>>