BCI 中級

参加者 14名 転倒:1名
 
CB1300 CB1100 CB750 CB400 VTR250
4台 2台 5台 1台
走行距離 1日総計 59.6km AM 28.6km PM 31.0km
ガソリン 5.81L 燃費:10.26km/L
天候
イントラさん Mr.SY Mr.KT

AM

コースレイアウト BCI AM
このコースは、「アクセル一定でピッチング抑えて。セカンドくらいから始めてみてください」とのことでした。その他にも以下の説明がありました。

BCI AM注意点 ここ(Aの角)にもっていきたいです。ここ(道の中央B)だと、次がつらいです。

BCI AM 注意点 2ここは右(C側)に一度振って入ってみると次が楽になります。 BCI AM 注意点 3 こっちの空間(Dのあたり)を使うと楽です。
注意点 BCI AM 4あそこのスラロームは、10mちょっと間隔があるので、アクセル一定で走ってみてください。 スピードのっている場所なので、怖ければ、リアで減速してきっかけつくってください。 ブレーキリリースすれば既にアクセル開いているので立ち上がっていきます。

PM1

コースレイアウト BCI PM1  「午前中、上級が走っていたコースをちょっと緩めてあります。それなりに心して欲しいところも残してあります。」とのことでした。

PM2

やりがいのあるコースです。
最後チャレンジコーナーがあります。

ハンドルロックで回るタイトコーナーで膝高低差をつくって外膝でタンク押して車体倒すと楽!

転倒:1名

午後2番目のコース。スタートに近い位置のオフセットスラローム右旋回出口で内倒していました。
倒れた時は見ていませんでしたが、倒れた車体の向きはちゃんと前むいていたのでスピンした感じではなく、スリップダウンかとおもわれます。

この日の収穫は2つ。

  1. 膝の使い方
      膝でタンクを巻き込んで倒す
  2. ステップの踏みかた
       膝でタンクを押し上げてアウト側に車体を振ってリーンイン

どちらもタンクを押す側の膝を、反対側の膝より高くして被せるようい押すイメージです。

右ステップをガッツリ踏むために、安心して右足を踏み込める位置を探し、右足の位置を少し後ろにずらしました。
ステップを踏むついでにリアブレーキを押してしまうことが無く安心。

<<前へ       次へ>>