C2C 中級

参加 19名 転倒:0名
 
CB1300 CB1100 CB750 CB400 250
4台 4台 5台 6台 0台
走行
距離
62.7km AM 29.4km
PM:00.0km

朝点
検後
0.0km 朝慣
熟後
0.0km - 0.0km
ガソ
リン
5.90L 燃費:11.90km/L
天候
先生 Mr.YM Mr.YG

イントラさんからの朝礼で、「きょうは、ハンドルしっかり切って曲がってもらおうと思ってます。それと、アクセル操作ですね」と言われました。

この日は、「CB750の人はセル回るか確認してください。バッテリー弱かったりするので。」という指示もありました。
HMSではCB750のエンジンがかからないトラブルが多いですが、こういう750だけ先にエンジンかけて点検という指示はありませんでした。750の劣化が進んでいるのかもしれません。HMSのバイクは酷使されてますから、早めに耐用限界が来てしまうのかも。中級
CB1100 は19台買ったそうですが、750が限界になると・・・・どうなるのでしょう。

AM

C2C AM コースレイアウト
左上の4本連続直パイがタイトです。直パイ直後にタイトな120度ターン270度ターンが連続するのも辛い感じです。

PM

C2C PM コースレイアウト
スタート直後のオフセットスラロームは、前後の間隔が狭く、Uターンの連続のようなレイアウト。
ダブルパイロンで、半円ラインで走るよう強制し、その後シングルパイロンになっても、その走りを期待するレイアウト 途中、ハンドルロック寸前の小半径ターンもあります。

戻りは、普通のオフセットですが、リズムがやや早めで、途中にタイトな270度ターンなどが織り交ぜてあり、 ハンドル切ることを求めてきます。
バリアブルのほうも、Uターンの4連続から始まり、その後もバンクだけで曲がるのが辛いタイトターン、 Uターンなどが続きます。
バリアブル外周に出ると、そこからはパイロンのない高速ライン、好きなだけ飛ばせますが、 そこまで来るのに疲れてそんな気が起きない感じです。

転倒:0名

スタート直後のオフセットスラロームは、前後の間隔が狭く、Uターンの連続のようなレイアウト。


<<前へ       次へ>>